心の汚れを洗い流そう

【今の体調(10点満点) → 3点】

全く宗教に興味ないという人にも、ぜひ南無妙法蓮華経と唱えて頂きたい。

心の中で唱えるだけでも大丈夫。

病気になったとき、怪我したとき、誰かに怒られてる最中、つまらない話を聞かされてる最中、そんなときほど、南無妙法蓮華経を思い出してほしい。



「仏法では、衆生の苦悩の原因を迷いの根源である煩悩から引き起こされるものと解明しています。その衆生の迷いの生命を浄化し、悪い性(さが)を断ち切るという果報が、まさに「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」の功徳なのです。正しい御本尊を信じ唱題に励むとき、煩悩はそのまま仏果を証得する智慧となり、苦悩の人生を克服できる力強い生命へと転換されていくのです。」

つまり、人間の苦悩の原因は煩悩によるものであり、日蓮正宗の信仰で、その煩悩を浄化させることができる、ということである。



そもそも煩悩とは何か?

煩悩とは、心の汚れ(むさぼりの心・怒りの心・わがままな心)のことである。

日蓮正宗では、このような心の汚れを洗い流す為に、朝晩怠けず、南無妙法蓮華経と唱えていきましょう、と導いてくれてる。

もし今、人間関係や生活習慣で悩んでいる人は、煩悩の心が出ていないか見直してみよう。

→真の幸福とは?←

コメントの投稿

非公開コメント